ご挨拶

第142回東海産科婦人科学会を2022年3月5日(土)~6日(日)に、岐阜市長良川国際会議場で開催させていただきます。第140回~141回とコロナ禍のためにハイブリッドまたはウェブ開催となりました。ただし楽観的と笑われるかもしれませんが、今後のワクチン接種の進展と集団免疫獲得の状況によれば現地開催もあるかもしれないと希望的な観測も捨ててはいません(2021年8月現在)。
今後のコロナ感染状況によって内容に変更があるかもしれませんが、コロナ感染症と産婦人科、生殖医療の保険適応、リプロダクティブヘルス&ライツなど、産婦人科医にとって欠かせないテーマを取り上げたいと思います。セミナーのテーマに取り上げて、産婦人科医の皆さんにハンズオンセミナーとしては、改めて体系だった形で産後出血の管理を学んでいただく企画を立てました。
私たちは2年間のコロナ禍の中で、それまでとは全く異なる社会環境下で産婦人科医療を進めてきました。ただそれぞれの施設で妊娠分娩を取り扱い、手術に取り組むことは全く同じでした。Zoomなどのウェブ環境にも慣れ、わざわざ学会会場に行かなくても聴講でき繰り返し聴けるなどのメリットがあることを知りました。一方、コロナ前までは全国の各地で様々な学会が開催されそこで講演を聞き演題発表して議論し、その知見を日常臨床や研究に生かす努力を重ねてきました。そこでは参加者同士で議論できる環境がありました。また学会が行われている普段いけない場所を訪れることができる楽しみもありました。
この度は、両者のメリット・デメリットを踏まえて、未来の東海産科婦人科学会を考えるきっかけになればと思います。
ちなみに第一日目の夜には、学会員・研修医・学生相互の親睦を深めるための懇親会を夢想しています。もちろん今後の東海3県の感染状況から開催できなくなる可能性もありますが。
第142回東海産科婦人科学会
会長 森重 健一郎
(岐阜大学大学院医学系研究科産科婦人科学分野)
事務局 岐阜大学医学部産科婦人科学教室 〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1番1 事務局長 竹中 基記(岐阜大学医学部附属病院産婦人科 臨床講師)
運営事務局 株式会社 オフィス・テイクワン 〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26 TEL : 052-508-8510 FAX : 052-508-8540 E-mail : obgytokai142@cs-oto.com