会長挨拶

第26回日本ワクチン学会学術集会
会長 五味康行
一般財団法人 阪大微生物病研究会 ワクチン推進部門
会長
2022年11月26日(土)~27日(日)の2日間にわたり、第26回日本ワクチン学会学術集会を香川県県民ホール(香川県高松市)で開催いたします。今回は、ワクチン製造・開発に携わる者が学術集会会長を務めますので、ワクチンというモノ作りの視点を皆と共有する、また我が国のワクチン開発における課題について皆で討論するという意志のもとで、プログラム委員の先生方に多くの意見を頂きながらプログラム構成を決定しました。
例年通り特別講演、高橋賞・高橋奨励賞受賞記念講演、若手奨励賞受賞者講演、韓国ワクチン学会招聘講演を実施することに加えて、5つのシンポジウム(ミニシンポジウムを含む)と10の教育セミナーを実施します。シンポジウムの中には、昨年の学術集会で大きな反響があった「新型コロナウイルス開発研究(統括)」の続報の形で、我が国における新型コロナワクチンの最新臨床開発状況(AMED共催)の報告を盛り込みました。また、後述のワクチン開発・生産体制強化に関する国家戦略の現況やCOVID-19の最新情報、さらには既存ワクチンの課題(予防接種推進専門協議会共催)についてもシンポジウムの中で取り上げます。他方、一般演題に関しては非常に多数のご登録(90題以上)を頂きました。このうち約半数が新型コロナウイルス感染症や新型コロナワクチンに関する演題で、これらの内容は基礎研究、臨床、疫学、開発と幅広い領域にわたります。新型コロナウイルスに関する最新の知見を一度に多く得られる機会になると考えます。
さて、今回の学術集会のテーマを「日本発世界初のワクチン開発を目指して」としました。このテーマは、我が恩師である山西弘一先生(大阪大学名誉教授、現阪大微研会理事長)のお言葉を拝借したものではありますが、私の胸に深く刻まれ、私自身の言葉のようになっています。山西先生の恩師であり我が恩師でもある高橋理明先生(大阪大学名誉教授、元阪大微研会理事)が開発した水痘ワクチンのように、世界に認められるワクチンを再び日本から創りだそうという想いを込めたテーマです。また、サブテーマを「踏み出そう、次の四半世紀(ステージ)へ」としました。1997年12月に第1回の学術集会が開催されてから、はや四半世紀が過ぎようとしており、この間に我が国の予防接種を取り巻く状況は大きく変化しました。いわゆるワクチンギャップのうち薬事承認面では解消に向かって動きましたが、新型コロナワクチンの開発については新規モダリティが利用されたこともあって、残念ながら日本は開発初期段階から世界に遅れを取り、開発・生産面でのワクチンギャップが露呈されたという現状があります。これを受けて昨年6月にワクチン開発・生産体制強化戦略が閣議決定され、我が国におけるワクチン開発・生産に関する課題解決に向け、国を挙げた取り組みが行われていることはご存じのとおりです。
基礎研究分野、臨床応用分野、疫学分野、行政分野、製造・開発分野などの広い領域に属する多様なメンバーが集う“学際的学会”であるという特徴を持つ本学会が、長期継続的に取り組まれるこの国家戦略に対して与えていく影響は大きなものになると考えます。ワクチン開発においては、基礎研究から応用研究、更には大規模検証試験の実施や生産体制の整備に至るまで数多くの課題が存在します。積極的にこれらの課題解決に参画し、次の世代の人材を育て、近い将来に日本発世界初のワクチンを創出することが、本学会に所属する私たち個人に求められている使命だと考えます。皆様と一緒に第26回の学術集会を次の四半世紀に向けて踏み出す第一歩にしたいと思います。
COVID-19の流行を予測することが困難な状況下ではありますが、現地会場に集まってお互いの目を見ながら活発な議論をすることを第一義と考えました。会期終了後に一部の内容をオンデマンド配信いたしますが、基本的には集合形式を主体とした開催になります。COVID-19によって停滞した対面コミュニケーションの改善を図るとともに、感染拡大防止対策を十分にとりつつ、実りある学術集会になるよう最善を尽くす所存です。 何卒ご理解・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。
高松でお会いできますことを心より楽しみにしております。
事務局:一般財団法人 阪大微生物病研究会 ワクチン推進部門 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3番1号
運営事務局:株式会社 オフィス・テイクワン 〒461-0005 名古屋市東区東桜1-10-9 栄プラザビル4B TEL:052-508-8510 FAX:052-508-8540 E-mail:jsvac26@cs-oto.com